0024_xlarge.jpg

想い

​about

 

建物のこと

「え?本当にここをリノベーションするの?」と、誰もが思う、ぼろぼろの建物。

色んな所が白蟻にやられていたり、
台風の度にだめになってゆく瓦のおかげで、

室内も至るところで雨が漏り、
築90年以上の歴史も相まって、床も階段も、色んな所が傾き、
軋み、ゆがんでいました。

でも、2階の天井を見ると、今では絶対に作ることのできない、

当時の職人さんの知恵や屋久杉の材を終結した天井や、欄間がありました。

これを見て、「この建物を取り壊してはいけない。」と思い、
この場所を残すことに決めました。

それから約1年。地元の大工さんをはじめ、
本当にたくさんの方にご協力いただいて、生まれ変わりました。

​元々「福」という名前だった宿が「新福」としてリニューアルされた昭和3年。

そこから、空襲を潜り抜けたり、旅館ではなくなったり、色々な変化を潜り抜けてきました。

七福がある、この一湊という集落に見守られながら、生き残ってきたこのお宿で、

​皆様の屋久島の思い出に、少し彩を添えられたら幸いです。

FireShot Capture 061 - 屋久島町 - Google マップ
P_20190617_083541.jpg
P_20190617_085657.jpg
P_20190817_154231.jpg
ささっちょさん1.jpg
ささっちょさん2.jpg
 

©2020 by 屋久杉楼 七福 -yakusugirou shichifuku-。Wix.com で作成されました。

P_20190617_085657.jpg